Japan

serach

ピジョンについて

mainVisualUp mainVisualDn

トップメッセージ

Global Number Oneの育児用品メーカーを目指して

 1957年に設立した当社は、60周年を迎えました。「愛」を経営理念に掲げ、「愛を生むは愛のみ」を社是とし、歩み続け成長してまいりました。お客さま、株主・投資家の皆さま、お取引先の皆さま、従業員の皆さま、すべてのステークホルダーの皆さまに、これまでのご愛顧・ご支援につきまして、お礼を申し上げます。
 第5次中期経営計画の最終年度となる2017年度1月期(第60期)は、おかげさまで売上高946億円40百万円(前期比2.6%増)、営業利益は160億15百万円(前期比10.3%)、経常利益164億62百万円(前期比9.2%増)と、売上高は15期連続での増収、営業利益については6期連続での増益となりました。円高・ドル安の為替の影響を受けたものの、事業全体としは計画どおり順調に推移し、特に国内ベビー・ママ事業においては訪日客のインバウンド消費の拡がり等もあり業績が拡大しました。
 また非財政面においても、経営理念や価値観、ミッション等を一つにまとめた「Pigeon Way」が、国内外問わず全社に深く共有・浸透し、現在は各人の仕事に組み込むことで成果につなげています。そのほかにも、2016年1月には、東京証券取引所2015年度「企業価値向上表彰」での大賞受賞に続き、12月には、独自性のある優れた戦略を実践し、高い収益性を達成・維持している事業に贈られる「ポーター賞」を受賞するなど、これまでの私たちの取り組みに対してご評価をいただきました。引き続き“Global Number One”ブランドの育児用品メーカーとなることを目指して、事業の拡大と共に企業価値の向上に取り組んでまいります。
 2017年3月に第6次中期経営計画(2018年1月期~2020年1月期)を発表いたしました。スローガンは、“Building our dreams into the future~Global Number Oneの育児用品メーカーになるための橋をかける~”をとしています。さらなる事業運営体制の整備、強化を図りつつ、各事業戦略およびその基盤となる機能戦略に基づく諸施策を確実に実行し、企業価値の一層の向上を目指してまいります。
この中期経営計画の最終年度となる2020年1月期においては、売上高は1,100億円(当期実績946億円からの年平均成長率5.1%)、営業利益は200億円、経常利益は200億円を目指します。またROEは22.0%以上、ROIC(NOPAT/投下資本、税率を30.0%として計算)は20.0%以上の達成を目標にします。
 今後、第6次中期経営計画を実直に取り組むことで、社会価値・経済価値の両面から企業価値の向上へとつなげてまいりたいと思います。皆様には、引き続きご支援を賜りますようお願い申し上げます。