Japan

serach

ピジョンについて

mainVisualUp mainVisualDn

哺乳器の歴史

ピジョンは赤ちゃんの健康と幸せを願い、哺乳器の研究開発を続けています。
1949年(昭和24年)からの、ピジョン哺乳器の歴史をご紹介いたします。

1949年

日本初の『キャップ式広口哺乳器』を発売。それまでの、びんに乳首をかぶせる直付式と比べ、衛生面で特にすぐれていました。

1950年

現在のピジョン哺乳器の原型となる『A型哺乳器』を発売。

1952年

キャップ式細口ビンの『B型哺乳器』を発売。

1953年

直付式に改良を加えた『C型哺乳器』を発売。

1954年

日本初のポリエチレン製哺乳器『S型哺乳器』を発売。 赤ちゃんが握りやすい六角ビンで、形状、素材とも従来のものから革新的な飛躍を成し遂げた商品です。

1956年

日本初の、かわいいイラストが描かれたガラス製哺乳器『F型哺乳器』を発売。 機能一点張りだった育児用品に「育児を楽しくするお手伝いをするもの」という考えが生まれました。

1957年

煮沸に弱いポリエチレンの欠点を補うため高密度ポリエチレンを採用した『L型哺乳器』を発売。

1960年

ナイロン樹脂(ポリアミド)を使った『AN型哺乳器』を発売。
シリコーンゴム製の乳首『A-D』を開発し、発売。
天然ゴムに比べ老化しにくいイソプロレンゴム製の乳首を開発。

1962年

ポリカーボネート製哺乳びんを発売。
軽くて丈夫、透明度が高く、煮沸に強いこのプラスチック素材は、哺乳びんに求められる機能を満たしていました。
『R-8型哺乳器』が昭和37年度東京都発明賞に入賞。
同時に日赤中央産院、同本部病院からも推奨を受けました。

1964年

『ガラス製A型哺乳器』を発売。以後この商品は15年のロングセラー商品となりました。

1965年

びん口部分の成形法を改良し、内側ネジ部の凹凸をなくした画期的な『W-8哺乳器』を発売。
びん口の内側が平らなためミルクのかすが残らず、衛生面でも大幅に進歩しました。

1966年

海外への輸出を開始。

1967年

ピジョンのキャップ式哺乳器がJIS規格に認定されました。

1968年

ピジョン哺乳器の国内シェアが80%に達しました。(1990年代:60~70%)

1977年

『哺乳器P型』を発売。唇や上あごに病気があったり、低体重で生まれ飲む力の弱い赤ちゃんのために工夫した哺乳器です。

1979年

新しい規格『K型哺乳器』を発売。末広がりで四隅が丸いスーパーエッグという独特のびんの形は、安定性が高くて転がりにくく、ミルクが混ざる攪拌(かくはん)性にもすぐれています。

1982年

新しいコンセプトから生まれた取り替え式カップ『マグマグ』を発売。
成長に合わせて4ステップの飲み口に変えられるこの商品は大ヒットし、以降育児用品の定番に育ちます。

1988年

赤ちゃん特有の哺乳運動のメカニズム「蠕動様(ぜんどうよう)運動」を解明。 赤ちゃんは大人には真似のできない独特の舌の動きでおっぱい、ミルクを飲んでいることを証明しました。 ピジョンは小児保健学会などでも赤ちゃんに関する研究発表を活発に展開しています。

1991年

母乳育児トレーニングのための『母乳相談室』哺乳びん・乳首を発売。

1997年

環境ホルモン問題が注目され、ポリカーボネート製哺乳びんが疑問視されるようになりました。

1998年

ポリプロピレン製の『マグマグ』を発売。

1999年

従来「6対4」であったガラス製:ポリカーボネート製哺乳びんの比率が「8対2」に迫るほどになりました(当社出荷ベース)。

2000年

哺乳びんメーカー5社にて、ポリカーボネート製哺乳びんを今後も安心してお使い頂くためのガイドラインを作成、発表。
日本初の『PES(ポリエーテルサルホン)製哺乳びん』を発売。
外出に便利なプラスチック製哺乳びん市場に新たな選択肢を提供しました。

2002年

赤ちゃんのおっぱいの飲み方を研究して作った『母乳実感』哺乳びん・乳首を発売。やわらかく弾力性があり、口にぴったり収まり、自然になめらかに飲める乳首です。

2003年

『母乳実感』に、軽く外出にも便利なPES(ポリエーテルサルホン)製哺乳びんを追加発売。

2007年

母乳育児を応援する哺乳びん「母乳実感」が、新しいスタンダードとしてリニューアル。乳首は4サイズ、プラスチック製哺乳びんはPPSU(ポリフェニルサルホン)を素材に。

2010年

母乳育児を応援する哺乳びん「母乳実感」が、赤ちゃんの哺乳に大切な動き、吸着・吸啜・嚥下が忠実に再現できることを目指して、さらに進化しリニューアル。

ピジョンの哺乳瓶

ピジョンの哺乳びん、乳首は、発売から50年以上にわたり、日本をはじめ多くの国々で、たくさんの赤ちゃんの成長をお手伝いしています。 お母さん本人にはなれないけれど、経営理念である「愛」をかたちにするため、これからも研究開発を続けていきます。

※ピジョンは母乳育児を応援します
赤ちゃんの心身を健やかに育てるために、理想的な栄養食といわれる母乳を出来る限り与えましょう。