Japan

serach

ESG

mainVisualUp mainVisualDn

医療従事者向け ピジョンセミナー

 ピジョングループでは、地域社会の皆様方との良好なコミュニケーションを通じて、信頼感を醸成し共存共栄を実現してきました。ますますグローバル化するピジョングループの事業展開の下、この基本的な考え方と行動もグローバル規模で進めてまいります。

セミナーテーマ

 母乳育児は、子育てにおけるとても大切な一過程です。
そのためには、専門的な知識や技術だけの母乳育児支援ではなく、母子に寄り添う母乳育児を目標としたいと思います。
このセミナーは、この目的に沿って、医療従事者向けに知識を学ぶためのセミナーです。

講師

氏家 二郎先生(国立病院機構 福島病院院長/福島県立医科大学臨床教授)

 1977年福島県立医科大学卒業後、同大学小児科学講座へ医局し、翌年から同大学附属病院の新生児医療チームに所属。1986年国立郡山病院NICUに従事した後、1989年に福島県立医科大学に戻り、1999年同大学附属病院周産期母子医療センター助教授に就任。2004年国立病院機構福島病院副院長を務め、2010年に同病院院長に就任、現在に至る。
 ふくしま母乳の会代表、日本周産期・新生児医学会・暫定指導医

菅原 由香里先生(国立病院機構福島病院 周産期母子医療センター産科部門看護師長)

 1993年岩手女子看護短期大学卒業。1994年国立仙台病院附属仙台看護助産学校助産婦科を卒業し、同病院母子医療センターに助産師として勤務。2002年国立病院機構仙台医療センター附属仙台看護助産学校看護学科、2008年同校助産学科教員として勤務。2014年4月国立病院機構福島病院周産期母子医療センター産科部門看護師長に就任。同年放送大学「心理と教育」コース修了。
 2015年福島病院がBFH認定施設となったが、BFH認定にいたる過程やその後の母乳育児支援活動で中心的役割を担っている。

水野 克己先生 (昭和大学江東豊洲病院 小児内科教)

1987年昭和大学医学部卒、昭和大学小児科に入局 1992年医学博士 
1993~1995年マイアミ大学Jackson Memorial Hospital, Research Fellow
1995年11月~1999年3月葛飾赤十字産院小児科副部長。
1999年4月~2005年1月千葉県こども病院新生児科医長。
2005年4月~昭和大学小児科助教授。
2014年3月~昭和大学江東豊洲病院小児内科教授

水野 紀子先生(昭和大学医学部小児科研究生/助産師)

1991年 助産師免許取得。 
1991~2001年葛飾赤十字産院 看護係長
現在、千葉市内のクリニックで非常勤勤務。
昭和大学小児科研究生

髙室 典子先生(助産院エ・ク・ボ院長/天使大学大学院助産研究科教授 看護師/助産師)

 札幌市出身。旭川医科大学研究系大学院修士課程修了(看護学修士)。大学病院の脳外科に勤務し、「死」から「生」を見つめたく、北海道大学で助産を学ぶ。
 1994年に「助産院エ・ク・ボ」を開業。その人らしいお産を扱うとともに、年間約400件以上の母乳相談をうけている。大手百貨店、小児科医院などでの母乳育児の相談業務のほか、中高生の「いのちの教育」講演活動など多数。天使大学大学院助産研究科教授も務め、母子に寄り添う人たちへの教育活動も熱心に行う。4人娘の母。
 一般社団法人 北海道助産師会 会長、一般社団法人 北海道産前産後協会 理事長

堺 武男先生(さかいたけお赤ちゃんこどもクリニック院長/新生児・小児科医)

 1977年東北大学医学部卒業後、仙台市立病院小児科で小児救急、新生児救急に従事した後、1985年東北大学小児科に移り、1999年東北大学病院周産母子センター助教授を務める。
 2002年宮城県立こども病院副院長を務め、2008年9月さかいたけお赤ちゃんこどもクリニック開業。 NPO法人みやぎ母乳育児をすすめる会上席理事、東北母乳の会代表、赤ちゃん成育ネットワーク会長他。
モットーは、「かぎりないやさしさ」と「寄り添う医療」

2017年セミナー概要

セミナーの詳細は、各回のセミナーご案内をご覧ください。

■ 母子に寄り添う
役立つ母乳育児の基礎知識と母乳育児推進活動の取り組み
 ~病院一丸となって~

講師:氏家 二郎 先生(国立病院機構 福島病院院長/福島県立医科大学臨床教授)
   菅原 由香里 先生(国立病院機構 福島病院 周産期母子医療センター産科部門看護師長)

内容:
〇母乳栄養のすごい点
〇母乳育児の素晴らしさ
〇BFH認定までの歩み
〇母乳育児支援にいたる組織作り 
〇周産期部門以外の部署が行っている母乳育児支援
〇妊娠中、入院中、退院後の母乳育児支援の実際
〇母乳育児支援で困難だった事例 他
   ※内容・順番は一部変更になる場合があります。
対象:母乳哺育に携わる専門家 助産師 看護師 栄養士他、医療従事者 100名様先着順
   ※定員になり次第、応募受付を終了いたします。
参加費:3,500円 
   ※昼食(お弁当と飲み物)を、ご用意しております。
開催概要
【日時】
2017年3月4日(土)
10:30~16:00
【開催地】
東京
【セミナー開催】
受付中
セミナーチラシ
【会場】
東京:ヒューリックカンファレンスROOM1
<アクセス>JR浅草橋駅『西口』徒歩1分

■ 母子に寄り添う
母乳育児の基礎知識と科学的根拠と
妊娠中から伝えたい母乳育児の利点と栄養

講師:水野 克己 先生 (昭和大学江東豊洲病院 小児内科教授)
   水野 紀子 先生(昭和大学小児科研究生 助産師)
内容:
〇母乳育児の基礎編 
〇母乳育児支援に必要な解剖学・生理学・生化学 
〇母乳育児に寄り添う支援とは
〇小さく生まれた赤ちゃんの母乳栄養とさく乳支援
〇母乳成分に影響を与える栄養素とは
〇母親にとっての母乳育児のメリットとは  他
   ※内容・順番は一部変更になる場合があります。

対象:母乳哺育に携わる専門家 助産師 看護師 栄養士他、医療従事者 100名様先着順
   ※定員になり次第、応募受付を終了いたします。
参加費:3,500円
   ※昼食(お弁当と飲み物)を、ご用意しております。
開催概要
【日時】
2017年3月11日(土)
10:30~16:00
【開催地】
神戸
【セミナー開催】
受付中
セミナーチラシ
【会場】
神戸:兵庫県中央労働センター2F 大ホール
<アクセス>神戸市営地下鉄「県庁前」西出口 徒歩約6分 他

■ 母子に寄り添う
助産師が伝える母乳育児支援
 ~妊娠中から産後1ヵ月~

講師:髙室 典子 先生(助産院エ・ク・ボ 院長/看護師・助産師)
内容:
〇乳房、乳汁のしくみ(解剖学から) 〇トラブル事例 〇上手に飲めない赤ちゃんの授乳
〇母乳不足感の真実と見分け方 〇産後と授乳期のメンタルサポート
〇健やかな母乳育児を乳房トラブルなく支えるためのスキル
〇事例ワーク、他
   ※内容・順番は一部変更になる場合があります。

対象:母乳哺育に携わる専門家 助産師 看護師 栄養士他、医療従事者 120名様先着順
   ※定員になり次第、応募受付を終了いたします。
参加費:3,500円
   ※昼食(お弁当と飲み物)を、ご用意しております。
開催概要
【日時】
2017年4月20日(木)
10:30~16:00
【開催地】
横浜
【セミナー開催】
受付中
セミナーチラシ
【会場】
横浜:神奈川県立かながわ労働プラザ 3F 多目的ホールAB
<アクセス>JR京浜東北・根岸線「石川町駅」中華街口(北口)徒歩約3分他

■ 母子に寄り添う
小児科医が伝える母乳育児支援
 ~新生児~離乳・卒乳まで~

講師:堺 武男 先生(さかいたけお赤ちゃんこどもクリニック 院長/新生児・小児科医)
内容:
〇母乳育児の考え方  〇NICUでの母乳育児  〇妊娠中~産後、入院中の母乳支援
〇母乳分泌の不足感、母乳哺育で必要な母乳量  〇糖水などの補足の考え方  〇母乳黄疸
〇母乳の栄養・免疫成分、母乳中のビタミン、母乳と鉄欠乏  〇アレルギーと母乳
〇授乳中の母乳に影響のある薬 〇母乳育児とむし歯 〇離乳食のすすめかた 〇卒乳について
〇母乳哺育のつまづきに医療従事者はどう対応すべきか 他
   ※内容・順番は一部変更になる場合があります。

対象:母乳哺育に携わる専門家 助産師 看護師 栄養士他、医療従事者 100名様先着順
   ※定員になり次第、応募受付を終了いたします。
参加費:3,500円
   ※昼食(お弁当と飲み物)を、ご用意しております。
開催概要
【日時】
2017年4月23日(日)
10:30~16:00
【開催地】
仙台
【セミナー開催】
受付中
セミナーチラシ
【会場】
仙台:フォレスト仙台 フォレストホール
<アクセス>地下鉄 北四番町 北2出口徒歩約7分

医療セミナーに関するお問合せ先

ピジョンセミナー事務局・問合せ先:PBコンベンション
TEL:090-8514-2556 FAX:03-3806-7732
E-mail:info(a)petitbreast.com ※(a)を@に変えて送信ください。