Japan

serach

ピジョンについて

mainVisualUp mainVisualDn

次世代育成支援行動計画

当社は、社員が仕事と⼦育てを両⽴させることができ、社員全員が働きやすい環境を作ることによって、すべての社員が社会的責任として、子育て社会へメッセージの発信ができるようにするために、次のとおり⾏動計画⼀般事業主⾏動計画を定め、その計画目標達成に向けて⾏動します。

計画期間

2018年2 月1日 〜 2020年1月31日(2年間)

内容

目標1:仕事と⼦育ての両⽴

計画期間内の育児休職(1ヶ月以上)を次の水準となることを目指す
育児休職(1ヶ月以上)男性 ・・・ 60%以上の取得率
⼥性 ・・・ 95%以上の取得率

対策

対象者および上司に向けた制度に関する情報発信を個別に⾏う

目標2:仕事と生活の両⽴

在宅勤務制度の継続的な実施と、実際の利⽤状況の検証を⾏い制度の定着と運⽤の拡充、必要に応じて改善を⾏う

対策

在宅勤務制度に対する、利⽤状況の検証と制度拡充の検討、制度拡充後、対象者に周知する

目標3:仕事と⽣活の両⽴

19時退出ルールの継続実施およびノー残業デーの運用継続・有給取得率増加の働きかけを⾏うことで、余暇を個々の生活スタイル合わせて使うことができる社内風⼟を確⽴する

対策

各種取組の実施を継続し、継続的な検証、実態把握と共に運用の徹底を図る

目標4:その他の次世代育成支援対策

社内における両⽴⽀援に対する意識を⾼めることで個々の生活スタイル合わせて使うことができる社内風⼟を確⽴する

対策

社内研修(ダイバーシティマインドセット研修等)を実施し、様々な違いを受け入れてそれぞれが⾃分らしく働けるよう意識付けを⾏う
外部団体による研修制度を活⽤しながら⼥性の意識改⾰を継続的に⾏う。