Japan

serach

ピジョンについて

mainVisualUp mainVisualDn

消費者志向自主宣言

(1)理念

 私たちは、経営理念である「愛」を製品やサービスの形にして提供することによって、世界中の赤ちゃんとそのご家族に喜び、幸せ、そして感動をもたらすことを「使命」としています。そして、「世界中の赤ちゃんとそのご家族に最も信頼される育児用品メーカー」を到達したい姿「ビジョン」としています。
私たちはこれら「使命」及び「ビジョン」、さらに業務上で社員個々が大切にする3つの「基本となる価値観」、すべての行動のベースでありガイドとなる5つの「行動原則」から構成される『Pigeon Way』を制定しています。

(2)取組方針

①経営トップのコミットメント

  • 私たちは、経営理念である「愛」に基づき、お客様の喜び、幸せ、感動を最終目的として、全ての活動を計画、実行します。
  • 社員全員がお客様との双方向のコミュニケーションを大切にし、お客様からお寄せいただく声を真摯に受け止め、お客様視点で考え行動し、常に更なる満足向上に努めます。
  • 経営トップがお客様対応の最高責任者として、重大苦情は迅速かつ効果的に経営層、関連部門に伝わり解決する仕組みを構築し、継続的改善を図ります。

②コーポレート・ガバナンスの確保

  • ステークホルダーそれぞれの信頼を獲得し、企業として継続的に成長するため、透明・公正かつ迅速・果断な意思決定を行う仕組みを充実することで、コーポレート・ガバナンスを強化します。
  • お客様からの相談受付内容を日々集約し、経営層に届く仕組みを構築しています。また、経営層がお客様対応の状況や課題について確認し、議論を行う場を設けています。

③従業員の積極的活動

  • お客様視点の意識を醸成するために、全新入社員を対象にCS研修プログラムを実施します。
  • より深くお客様の声を理解するために、実際の声を聞く研修プログラムを実施します。

④社内関連部門の有機的な連携

  • お客様の声を全社的に迅速に共有するシステムを構築しており、ISO10002苦情対応プロセスに基づいた公正・公平な対応をします。
  • お客様の声から課題を抽出し、品質管理や開発などの関連部門と会議等の場を通じて社内で更に深く共有し、改善する取り組みを構築しています。
  • 商品の事故が発生、または発生を予見させる兆候が発覚した場合には、経営層、関連部門に迅速に連絡し、緊急会議を開催する仕組みを構築しており、速やかに問題解決にあたります。

⑤消費者への情報提供の充実・双方向の情報交換

  • 商品を安全・安心にお使いいただくために、よくあるご質問をホームページ等に掲載しています。
  • お客様がより商品をご理解いただけるよう、ホームページや商品パッケージ、イベント、ハンドブックの発行、お客様相談室からのご案内等を通じて、様々な商品情報を提供します。
  • お客様の声を真摯に受け止め、社内の関連部門と連携し、より良い商品づくり、サービスの提供に努めます。その取り組みはお客様との双方向のコミュニケーションとして、ホームページ等に公開します。

⑥消費者・社会の要望を踏まえた改善・開発

  • 私たちが独自に築いた「基礎研究」「行動観察」「デザイン力」を通して、お客様のお困り事に対してソリューションを提供するとともに、新しい価値(快適さ、便利さ)の発見に努め、アイデアを形にします。
  • 「すべての赤ちゃんがよりよく哺乳できること」を追求し、低出生体重児や障害をもつ赤ちゃんのための商品を開発します。
  • 各市場で求められる規格に適合するのみならず、独自の視点で、赤ちゃんに安全な品質基準「ピジョンクオリティスタンダード(PQS)」を設け、「安全性」「耐久性」「使いやすさ」の角度から品質を確認した商品を販売します。お客様の声を受け止め、迅速かつ継続的な改善改良を行います。

2018年7月18日
ピジョン株式会社 代表取締役社長
山下 茂