企業倫理綱領

ピジョングループ(以下「ピジョン」)は、創業以来今日まで、企業としての社会的存在を十分自覚し、社会を支え、社会とともにその責任を全うすべく事業活動を推進してまいりましたが、その事業活動が影響を及ぼすすべての関係者から信頼を得るためのコンプライアンスの基本方針を明文化するため、ここに『企業倫理綱領』として制定します。

Ⅰ企業倫理指針

ピジョンは、コンプライアンス(法令及び企業倫理の遵守)経営を実践するための普遍的な指針を以下に定め、全ての法令、社会規範およびその精神を遵守し、社員一人ひとりが、より高い倫理観をもって誠実に行動することをここに宣言します。

  1. ピジョンは、Pigeon Wayのもと、企業活動のあらゆる場面において、常に高い倫理観をもち、コンプライアンス重視の経営を推進し、企業としての社会的責任を果たします。
  2. ピジョンは、お客様の喜び、幸せ、感動を追求して、安全、有用、高品質な商品およびサービスを提供し、持続可能な経済成長と社会課題の解決を図ります。
  3. ピジョンは、地域社会の文化を尊重し、社会との調和を図り、良き企業市民として、広く社会貢献を推進します。
  4. ピジョンは、あらゆる企業活動において、限りのある地球環境に配慮し、環境対策に積極的に取り組みます。
  5. ピジョンはすべての企業活動において、すべての人々の人権を尊重した行動をします。
  6. ピジョンは、いかなるときも社員の多様性・個性を尊重し、健康と安全に配慮した働きやすい職場環境を提供します。また、自己実現できる、働き甲斐のある職場を実現します。
  7. ピジョンは、健全な成長のため、企業活動において公正かつ自由な競争ならびに適正な取引、責任ある調達を行います。また、政治、行政と健全な関係を保ちます。
  8. ピジョンは、企業情報を適切に管理・活用し、効率的な経営を推進します。
  9. ピジョンは、あらゆるステークホルダーと建設的対話を継続し、ステークホルダーからの声を商品・サービスの改良または開発および企業価値の向上に活かすとともに、企業情報を積極的かつ適時・適切、公正に開示します。
  10. ピジョンは、この企業倫理綱領を全社一体となって実現し、そのための実効性のあるコーポレート・ガバナンスを構築し、維持し、発展させます。

Ⅱ行動規範

付則

  1. この綱領は平成17年9月12日から実施する。
  2. 令和元年12月2日 改訂