Japan

serach

ESGへの取り組み

mainVisualUp mainVisualDn

ESG課題への取り組み

 ピジョングループの展開する事業は、妊娠・出産・子育て、そして介護を通して手助けを必要とするすべての人々に対し、経営理念である「愛」を商品やサービスの形で提供することを柱としています。事業活動を通じて、ピジョンが社会において「なくてはならない会社」となることが、環境(E)・社会(S)・ガバナンス(G)の尺度からピジョンの企業価値の向上につながるものと考えます。持続的な企業価値向上のためには、ESG課題に対して積極的・能動的に対応していく必要があり、第6次中期経営計画で掲げたピジョンが対処すべき12の課題の一つに、この「ESG」を挙げています。ESGに関する方針を整理し、実践する仕組みの構築を目指しながら、一部の項目には定量目標も掲げ、進捗のレビューと情報公開を通じてさらなる改善につなげていきます。当社の持続的成長に影響を及ぼす可能性の高いESG課題は、下記のように特定し、さまざまな取り組みを進めています。