Japan

serach

ESG

mainVisualUp mainVisualDn

人権

 経営理念の「愛」、社是の「愛を生むは愛のみ」は、全社員が常に大切にする言葉となっており、人権、性別、文化の違い等の多様性に対し、敬意を持って受容することも、基本となる価値観の一つに謳っています。

人権の尊重に関する方針

 ピジョングループでは、各人が仕事をする際には、経営理念の「愛」、社是の「愛を生むは愛のみ」を常に大切にしています。また、社員一人ひとりが大切にする「基本となる価値観」の一つに「誠実」を掲げ、その中で「人権、性別、文化の違い等の多様性に対し、敬意を持って受容すること」を謳っています。

差別および社会的弱者、市民的および政治的権利、経済的、社会的、文化的権利

 ピジョングループは、社会的少数および弱者の権利についても尊重し、障がい者雇用も積極的に進めています。市民的および政治的権利についても社員との対話を図り、その権利を尊重しています。

労働における基本的原則および権利

 労働面については、コンプライアンス委員会を中心に、コンプライアンスの徹底に努め、国内外における労働者の権利・人権を尊重しています。また、安全衛生、職場環境に関する方針は徹底しており、正社員・非正規社員問わず、また日本・海外問わず、その方針が実施・維持されています。

ダイバーシティに向けた取り組み

 ピジョングループは、企業倫理指針のひとつに「いかなるときも社員の人権・個性を尊重し、差別のない平等で働きがいのある職場環境を確保するとともに、公正な評価による自己表現の場を提供する」ことを掲げています。
 昨今、ピジョングループのグローバルでの事業拡大に伴い、日本国籍以外の従業員が急速に増加していますが、性別、国籍、年齢、雇用形態、所得など、従業員のさまざまなバックグラウンドを基とした違いを企業内に取り入れ、活用することで、組織力を強化すべく、ダイバーシティの活用を推し進めています。