Japan

serach

ESG

mainVisualUp mainVisualDn

従業員のために(労働慣行)

 社員を大切にできなければ事業による成功もないと私たちは考えます。制度面では、ピジョンらしく、育児関係を充実させています。

人的資本:働きやすい環境と風土づくり

 ピジョンでは、「企業価値は、社会・経済価値の総和である」と定義しています。より質の高い商品を世に送り出すためには、社員が働きやすい環境下にいることが必要であり、社員を大切にできなければ事業による成功もないと考え、制度の充実等で環境整備を図ると同時に、働きやすい職場の風土づくりに努めています。

残業対策

 労働者保護に関する国内規定や、法令・労働協約等で制定された労働時間は当然遵守していますが、さらに「19時退出(退社)ルール」「ノー残業デー(週1日)」を設置し、従業員の長時間労働の抑制とワークライフバランスを推進することにより労働生産性を高めるための施策を実施しています。

目標管理制度

 『Pigeon Way 』はグループ全体に広く浸透しており、日本、シンガポール、タイ(PIGEON INDUSTRIES(THAILAND) CO., LTD.)、ランシノ社においては、個々人の目標管理制度に『Pigeon Way 』に基づく行動評価軸の実施が組み込まれています。今後、他拠点においても目標管理制度へ組み込んでいきます。

ダイバーシティに向けた取り組み

 ピジョングループは、企業倫理指針のひとつに「いかなるときも社員の人権・個性を尊重し、差別のない平等で働きがいのある職場環境を確保するとともに、公正な評価による自己表現の場を提供する」ことを掲げています。人員構成についても、性別、国籍、年齢、雇用形態、所得など、社員のさまざまなバックグラウンドを基とした違いを企業内に取り入れ活用することで組織力が強化されると考え、ダイバーシティの活用を推し進めています。

研修制度/グローバル人材育成

  • グローバル・リーダーシップ・プログラム
 ピジョンでは、全社員に対して技術開発・訓練・実習への参加機会を与えています。国内では、男女雇用機会均等法施行以前より職種・コースに男女差はなく、昨今のグローバル化に伴って、社内英語研修を導入、レベル別にコースを分け、毎年継続して開催しています。2017 年1月末現在では42 名が受講し、グローバルで活躍できる人材の育成に努めています。
 海外拠点においては、スピーディなキャリアアップを実施していることで、離職率は低水準で推移しています。将来を見据えて、選抜社員向けには多国籍社員参加型研修「グローバル・リーダーシップ・プログラム」も実施しています。

〈「グローバル・リーダーシップ・プログラム」参加者数〉

(単位:名)
年度'14/1期'17/1期'19/1期
(予定)
「グローバル・リーダーシップ・プログラム」参加者数 19 18 20

女性の活躍促進支援の強化

 「World class business excellence」を追求する当社にとって、女性社員がこれまで以上に活躍できる環境を整備することは、特に重要な課題です。当社は2007年に「子育てサポート企業」認定の証である「くるみんマーク」を取得、その後も「女性の活躍促進」や「男性の育児参加促進」の観点でさまざまな育児制度を制定しています。
 特に女性の活躍推進に関しては、「両立支援制度の拡充」「職場の意識改革」「女性の気持ちとスキルをバックアップ」を三本柱として掲げ、制度面でのさらなる充実と社員のマインドセットの両面からの支援を行っています。女性活躍推進のための行動計画(2016年4月~2018年1月末)においては、①男性の両立支援制度利用者を10名以上にする②男性社員の育児休職中の意識を向上させる③在宅勤務制度の利用状況、成果を把握し、改善する④安心して出産・育児・復職ができる環境を整備する⑤本社に続き中央研究所にも授乳室を設置し授乳中の社員が利用できるような環境を整えるの5つを目標に掲げ、取り組みを推進しています。
 また、女性管理職の育成にも注力しており、女性管理職比率の向上を目指します。

〈外部団体 NPO 法人J-Win 活動への参加〉

'16/1期'17/1期'18/1(現在)合計
6名 6名 6名 18名

J-Win…ダイバーシティ・マネジメントの促進と定着を支援する団体

〈在宅勤務制度利用実績〉

'16/1期'17/1期'18/1(現在)
4名 8名 9名



〈女性管理職の比率〉

子育て支援の取り組み

  • 男性社員の育児休業「ひとつきいっしょ」の記録
    本社の授乳・さく乳室「Lactation Lounge」
 ピジョンでは子育てに携わる企業として、従業員の出産・子育て支援のための制度拡充を進めてきました。育児休業に関しては、1990 年の「育児休業法」制定以前から1年間の休業を可能とした制度を構築しており、1999 年には東京都より両立支援賞を受賞しています。2006 年には、男性社員の育児休業取得促進を目的に、1カ月間有給での育児休職を取得することができる制度「ひとつきいっしょ」を新設し、女性も男性も当たり前に育児休職を取得できる職場環境へと大きく変化しました。この制度の取得率は、2015 年から2年連続で100%となっています。
 また、子育て中の女性社員の労働環境整備を目的に2015 年より「ピジョンにっこり授乳・さく乳室Lactation Lounge(ラクテーションラウンジ)」の設置を進め、当社社員のみならず、地域・社会貢献活動の一つとして、近隣に勤務・居住するママと赤ちゃんの利用も可能にしています。
  • フィリピンでの授乳室
    パナマでの授乳室
 世界各国でも、出産後の女性の復職支援を目的として、一般企業内など、さまざまな場所で「授乳・さく乳室」の設置支援を行っています。その数は、世界15 カ国約5,000 カ所に上っています(2017 年5月現在)。
 この他にも、不妊治療を目的とした休職制度「ライフ・デザイン休職」の運用を開始し、現在では不妊治療だけでなく、養子縁組制度利用に対しても要件を拡大いたしました。女性の早期復職支援制度、待機児童保育費用援助制度など、出産後の復職支援にも力を入れており、これからも育児を語れる社員育成を目指して職場環境の整備に取り組んでいきます。

労働における安全衛生

 労働における安全衛生管理は非常に厳格に実施しています。日本はもちろんのこと、工場のある中国・タイ・インドなどにおいても一律当社労働安全基準に則った管理がなされています。また、PHP 兵庫(株)、THAI PIGEON CO., LTD. 、PIGEON INDUSTRIES (THAILAND) CO., LTD. 、PIGEON MANUFACTURING (SHANGHAI) CO., LTD. 、PIGEON INDUSTRIES (CHANGZHOU) CO., LTD. においては、国際的に広く採用されている労働安全衛生に対するマネジメントシステム規格「OHSAS 18001」に適合した体制を構築し、認証を取得しています。