News

林野庁「森林×脱炭素チャレンジ2022」優秀賞(林野庁長官賞)の受賞

2022.06.23

ピジョン株式会社(本社:東京都、社長:北澤 憲政)は、林野庁が主催する「森林×脱炭素チャレンジ2022」において、優秀賞(林野庁長官賞)を受賞し、その表彰式が2022年6月22日に開催されました。今回は「森林の有する公益的機能発揮への貢献」部門での受賞で、赤ちゃん誕生記念育樹キャンペーンが高く評価されました。また、森林整備を通じて脱炭素に貢献する「グリーンパートナー2022」にも認定されました。

「森林×脱炭素チャレンジ2022」は今年新たに創設された制度で、民間企業や団体等が支援をして行った森林整備について募集し、当該森林整備に係るCO2吸収量と取組内容を総合的に判断し、優れた取組を顕彰するものです。

受賞理由(「森林×脱炭素チャレンジ2022」 受賞者の取組概要からの抜粋)

・茨城県内の「ピジョン美和の森」において、「育児と育樹、⼼はひとつ」をスローガンに、⾚ちゃん誕⽣記念に植樹する取組を 1986年から開始。毎年の植樹式では、応募者から選ばれた⾚ちゃんと家族が代表植樹に参加。植樹後5〜7年間、毎年下刈りを実 施。その後も枝打ちなど森林管理を継続。

・元々針葉樹が主体であった森林に広葉樹を植栽して針広混交林化を図るとともに、森林内でのビオトープ整備に取り組むなど、希少な植⽣の保護、⽣物多様性保全を実践。

■林野庁「森林×脱炭素チャレンジ2022」公式Webサイト

https://www.rinya.maff.go.jp/j/kikaku/forest_co2_challenge.html

■ご参考:ピジョン「赤ちゃん誕生記念育樹キャンペーン」公式Webサイト

https://www.pigeon.co.jp/csr/ikuju/

  • ホーム
  • News
  • 林野庁「森林×脱炭素チャレンジ2022」優秀賞(林野庁長官賞)の受賞