• ピジョンの事業
  • 国内ベビー&ママ事業
  • 海外事業
  • ヘルスケア介護事業

ピジョンの事業

海外事業

国境を超えて広がるピジョンの「愛」海外事業を躍進させる勝利の方程式

ピジョン海外事業 売上高これはピジョングループが日本を除く世界で販売した過去10年間の売上高実績です。数字だけでも、その成長スピードを感じて頂けると思います。ここでは「海外事業好調の理由」と「今後の展望」、「そこに必要な人材」などについて解説していきます。

好調の理由

「日本でつくりあげたビジネスモデルが海外でも高く評価されている」これが好調の理由です。海外事業が成長を遂げているのは、世界一品質に厳しいと言われる日本のマーケットで磨き上げられた国内事業での実績があるから。ピジョンのコア・コンピタンス(他社にない強み)は「開発力」です。基礎研究に基づいて開発された当社の商品は赤ちゃんの成長はもとより、使いやすさなども考慮された高付加価値なものであり、結果として高価格の商品となっています。さらに、その特徴を店頭でお客様にどのような方法で伝えていくか、販売体制の構築にも注力しています。

勝利の方程式

市場調査・顧客の絞り込み・競合と当社の競争優位性の把握など、まずマーケットの環境を把握することからピジョンの海外戦略はスタートします。その上で「最適な販売チャネルの決定」「現地代理店や小売店に対する商品説明」「店頭での商品ディスプレイ」「病院の先生からの当社商品に対する推奨を得る活動」など、国内同様ピジョンオリジナルのプロモーションを海外でも実施します。基本的なマーケティング手法に「ピジョンらしい視点」と「特徴のある当社商品」を組み合わせることにより、私たちにしか出来ない戦略となり大きな成果をあげることが出来るのです。

海外事業の未来

海外事業の牽引役となっているのは中国です。当初、沿岸主要都市部を中心にはじめた販売網は、今では内陸部を含め中国全土へと拡大しています。600種類以上の商品を展開しており、2013年からは新たにベビーフード、紙おむつの市場にも参入しています。
中国だけで2017年1月期には売上高305億円を超えました。中国消費者の間でも、ピジョンは安全・安心、高品質のブランドとして認知されています。

北米やヨーロッパでは、2004年にグループ化したランシノ社によって、母乳パッドやさく乳器、乳首ケアクリームなど母乳関連商品を重点的に展開。
また、2014年からはランシノブランドの哺乳びんも本格投入しています。

現在はインドやロシア、インドネシアへも進出しています。特にインドは中国に次ぐ新規重点市場と捉え、現地法人を設立し、2015年には現地工場も操業を開始しました。販売店舗の拡大やピジョンコーナーなどの売場の設置を推し進めています。皆さんが社会人としてスタートする頃には、海外事業の一翼を担うまでに成長しているかもしれません。

海外事業の営業

海外のグループ会社を拠点に営業活動を行います。基本的には海外営業員1名が1国を担当し、担当国の現地代理店への商談やフォロー、販売促進プロモーションなどを行うことが海外営業の仕事です。海外営業を担当する方には、まず商品や貿易に関する知識を習得していただきます。赤ちゃんの成長過程は世界共通であり、育児においてのお困り事も同じです。重要なのは日本で育まれた育児用品に込められた想いを、ピジョンの商品開発の背景や品質の高さを通してお客様や各国の代理店の方々に伝えられるかどうかです。海外事業のピジョンにおける売上の構成比は毎年大きく伸びてきていますが、その要因としては、確かな品質と、こうした商品に対する情熱によるものだといっても過言ではありません。文化や宗教、価値観の異なる方々にもピジョンの商品が支持され、広がりつつあるのは、先輩たちの情熱と行動力が築き上げた成果です。ぜひ、そのスタンスで、臨んでほしいと思います。ピジョンの哺乳瓶は日本国内では8割以上の赤ちゃんが使っています。それを、世界各国の50%以上の赤ちゃんに使ってほしいというのが目標です。世界中の赤ちゃんとお母さんの笑顔のために自分の持てる力をフルに発揮する。海外営業とは、お客様に今までにない育児シーンをイメージさせる、既成概念にとらわれない発想と、表現力が問われる仕事だと思います。 

海外事業と現地法人の解説

ピジョン本社にある「経営企画室」は、グローバルでの経営計画策定・管理を行っています。

中国

●ピジョン上海(PIGEON (SHANGHAI) CO.,LTD )
中国全土への育児用品の販売を目的に2002年に設立しました。

●ピジョンマニュファクチャリング上海(PIGEON MANUFACTURING (SHANGHAI) CO.,LTD )
中国の生産拠点として2007年12月下旬に竣工、2008年1月から操業開始しました。主に乳首・スキンケア・洗剤の製造を行っています。

●ピジョンインダストリーズ常州(PIGEON INDUSTRIES (CHANGZHOU) CO.,LTD)
中国新工場として2010年2月より着工、2011年1月に操業開始しました。

●ランシノラボラトリーズ上海(LANSINOH LABORATORIES SHANGHAI)
2016年にランシノ商品の販売を目的に設立しました。

アメリカ(LANSINOH LABORATORIES,INC.)

もともとアメリカ国内における母乳関連用品で高いシェアをもっていたランシノ社を2004年にピジョンがグループ化。アメリカ全土からヨーロッパへと販売エリアを拡大しています。

シンガポール(PIGEON SINGAPORE PTE.LTD.)

育児用品全般の販売を目的に、1978年に設立しました。

タイ

●タイピジョン(THAI PIGEON CO.,LTD.)
シリコンゴム、プラスチック用品の製造・販売を主業務に1990年に設立しました。

●ピジョンインダスタリーズタイランド(PIGEON INDUSTRIES(Thailand) CO.,LTD.)
紙製品の製造・販売を目的に1996年に設立しました。

インドネシア(PT.PIGEON INDONESIA)

哺乳器、乳首等育児関連用品の製造を目的に1995年に設立しました。

インド(PIGEON INDIA PVT.LTD.)

育児用品の現地販売及び哺乳器・乳首の製造を目的として、2009年に設立しました。

マレーシア(PIGEON MALAYSIA (TRADING) SDN.BHD.)

育児用品及び女性ケア用品の販売を目的として、2011年に設立しました。

韓国(DoubleHeart Co.Ltd.)

育児用品の現地販売を目的に、2012年8月に設立しました。

トルコ(LANSINOH LABORATORIES MEDICAL DEVICES DESIGN INDUSTRY AND COMMERCE LTD.CO.)

電動搾乳器の製造開発を目的に、2010年11月に設立しました。

ブラジル(LANSINOH LABORATORIOS DO BRAZIL LTDA.)

母乳関連用品の企画販売を目的に、2014年4月に設立しました。

ベルギー(LANSINOH LABORATORIOS BENELUX)

母乳関連用品の販売を目的に、2015年5月に設立しました。

また、現地法人はありませんが、ほかにも、ヨーロッパ、アフリカ、中東、オセアニア、中南米等、ピジョン商品はほぼ全世界に提供しています。

ピジョン グローバルサイトはこちらです。