Job Discription

小西 高裕
Person 07
購買・品質管理本部
品質管理部
品質管理1グループ

小西 高裕

[2017年入社]

海外の工場と連携しながら
品質を守り、信頼を築く

2か月で1回のペースで海外へ工場の責任者と品質向上に取り組む

2か月で1回のペースで海外へ
工場の責任者と品質向上に取り組む

ピジョンの製品は、主に海外で生産しています。製品の品質を管理していくためには、製造工程からしっかりと見ていく必要がありますので、アジアにある工場との毎日のコミュニケーションは、欠かすことができません。現地工場の視察や打合せのための出張も、平均して2か月に1回のペースで行っています。中国やタイ、インドネシア、台湾などの工場に訪問し、約1週間の滞在期間の中で、工場の責任者や担当者と綿密な打合せを繰り返し、新製品の製造ラインの立ち上げ確認、品質改善のための生産工程の調整などを行っていきます。また、経験も知識も豊富な工場の責任者と対等の関係を保ちながら、課題改善策を実現したり、新たな取り組みを試すために必要なのが、統計学の知識。課題を数値で表すことで“見える化”できるため、お互いに納得しながら進めることができます。統計に関する知識の習得は、品質管理グループ全体で、研修やセミナーなどを通じて積極的に行っています。良い製品を作り、お客様に製品を通して、安心と信頼をお届けする。そのためにデータや数値をベースに、工場と連携しながら品質向上に努めています。

自分にあった仕事との出会いと職場環境の良さが、やる気の源

自分にあった仕事との出会いと
職場環境の良さが、やる気の源

品質管理という仕事は、ピジョンの製品の信頼性を守る、という役割もやりがいにつながりますが、自分が取り組んだ時間がそのまま成果に表われるのも魅力の一つだと思います。データや数値を分析した結果から、具体的な課題を抽出し、現地工場とのコミュニケーションを重ねることが、改善策の実現速度をあげていきます。そうした仕事のスタイルは私自身の性格にもマッチしていると思います。また品質管理グループの会議でもお互いに活発に意見交換していますが、海外の工場や、他の部門の方たちと気兼ねなく話せる雰囲気があり、仕事を進めやすい職場の環境は、ピジョンならではの特長だと思います。自分の適性にあった仕事に出会えることと雰囲気の良さは、ピジョンで仕事をする上で、何よりのモチベーションになっていると思います。

品質管理の仕事でめざしたい目標

品質管理の仕事でめざしたい目標

品質管理の仕事は今後も続けていきたいということが前提にあります。その上で、新しい国や地域での工場の立ち上げや、製造ラインの構築に関わっていきたいですね。興味を持っている国は、インドとインドネシア。特に、インドはマーケットも大きいですし、大きな可能性が期待できます。インドでの売上はまだまだ小さいですが、製造ラインを構築し、多くの高品質な製品を提供することができれば、インドのマーケットを通じて世界的にもインパクトを与えることができます。品質管理の仕事を通して、会社全体の利益にも貢献することができれば、自分にとっても大きな誇りになると思います。そうしたこともグローバルにビジネスを推進しているピジョンだからこそ描ける目標なんだと思います。

ステップアップイメージ

ステップアップイメージ

ワークフロー

ワークフローワークフロー