従業員のために

社員を大切にできなければ事業による成功もないと私たちは考えます。制度面では、ピジョンらしく、育児関係を充実させています。

人的資本向上への取り組み

働きやすい環境と風土づくり

ピジョングループは、「企業価値は、社会価値と経済価値の総和である」と定義しています。より質の高い商品を世に送り出すためには、社員が働きやすい環境下にあることが必要です。社員を大切にできなければ事業による成功もないと考え、制度の充実等で環境整備を図り、働きやすい職場の風土づくりに努めています。

ダイバーシティに向けた取り組み

ダイバーシティに向けた取り組みピジョングループは、企業倫理指針のひとつに「いかなるときも社員の人権・個性を尊重し、差別のない平等で働きがいのある職場環境を確保するとともに、公正な評価による自己表現の場を提供する」ことを掲げています。性別、国籍、年齢、雇用形態など、社員のさまざまなバックグラウンドを基とした違いを尊重して受け容れ、積極的に活かすことにより、変化し続けるビジネス環境や多様化する顧客ニーズに対応しています。また、2018年12月には、ダイバーシティ推進における研修などの取り組みが評価され、「Forbes JAPAN WOMEN AWARD2018」を受賞しました。表現の自由や結社の自由、さらには信教の自由などの市民的および政治的権利についても社員との対話を図り、その権利を尊重しています。労働面では、コンプライアンス委員会を中心に、コンプライアンスの徹底に努め、国内外における労働者の権利・人権を尊重しています。

  • ダイバーシティに向けた取り組みの画像

    若手社員向けのシェアハウスを利用した研修「ミートザダイバーシティ研修」

  • ダイバーシティに向けた取り組みの画像

    アンコンシャスバイアス(無意識の偏見)を認識するためのVRを利用した研修

プロフェッショナル人材・経営人材の育成

ピジョングループは、全社員に対して技術開発・訓練・実習への参加機会を与えています。国内では、男女雇用機会均等法施行以前より職種・コースに男女差は一切ありません。海外拠点においては、スピーディなキャリアアップを実現することで、離職率は低水準で推移しています。このほか、6年に1度、2年間にわたって次世代経営人材育成選抜研修を実施し、当社の永続的発展に向け、「『Pigeon Way』の価値観のもと、人間力を磨き、企業価値を高め続けられる人材」として、将来の経営層を担うことを想定した次世代経営人材の育成にも努めています。

ピジョン風疹ゼロアクション

健康経営の一環として、2019年に「ピジョン風疹ゼロアクション」プロジェクトを立ち上げました。社員の風疹抗体保有率を上げるための取り組みとして、「抗体検査と予防接種の費用負担」や専門家をお招きして「風疹の理解を深めるための社内教育講演会」を行いました。また、日本で再び風疹が流行しないよう活動をされている「風疹をなくそうの会『hand in hand 』」への社内募金活動も実施しています。2020年2(ふう)月4(しん)日の「風疹の日」には、これらの活動が認められ、日本産婦人科医会などの推進する“風疹ゼロ”プロジェクト実行委員会より、積極的に風疹対策に取り組む企業として表彰されました。

  • 風疹の理解を深めるための社内講演会の様子

女性の活躍促進支援の強化と子育て支援への取り組み

当社は、女性社員がこれまで以上に活躍できる環境を整備することを特に重要な課題と捉え、女性管理職の育成にも注力しています。2019年12月期の女性管理職比率は、19.7%となりました。女性の活躍推進に関しては、「両立支援制度の拡充」「職場の意識改革」「女性の気持ちとスキルをバックアップ」を三本柱として掲げ、制度面でのさらなる充実と社員のマインドセットの両面からの支援を行っています。2018年5月には、くるみん認定を受けた企業の中でも、相当程度両立支援の制度の導入や利用が進み、高い水準の取り組みを行っている企業に評価される「プラチナくるみんマーク」を取得しました。子育て支援では、子育てに携わる企業として、社員の出産・子育て支援のための制度拡充を早くから進めており、女性の活躍促進や男性の育児参加促進の観点から、「ひとつきいっしょ」や、「テレワーク」など、さまざまな制度を確立。女性も男性も当たり前に育児休職を取得できる職場環境であるだけでなく、育児の経験が実際の商品開発にも活かされるなどの効果を生んでいます。

女性活躍推進のための3ヵ年行動計画(2018年2月1日~2020年1月31日)

  1. 男性の両立援制度の利用者を年10名以上にする
  2. 性別に関わらず両立支援に対する意識を高める
  3. 在宅勤務制度の利用状況、成果を把握し、改善する
  4. 安心して出産・育児・復職が出来る環境を整備する

女性管理職の比率<ピジョン株式会社>

  • 女性管理職の比率<ピジョン本社>の図

有給休暇取得率<ピジョン株式会社>

  • 有給休暇取得率<ピジョン本社>の図

子育て支援への取り組み ‐ピジョン株式会社‐

「プラチナくるみん」の認定取得について

「くるみん」は、次世代育成支援対策推進法に基づき、従業員の仕事と子育てに関する行動計画を策定、両立支援への取り組みなど計画に定めた目標を達成し、一定の基準を満たした企業が「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣の認定を受けることができるものです。

当社は、「くるみん」認定を受けた企業のうち、両立支援制度の導入や利用が進み、より高い水準の取り組みを行っている企業として、2018年5月14日付で「プラチナくるみん」認定を受けました。

また、子育て中の女性社員の労働環境整備を目的に2015年より「ピジョンにっこり授乳・さく乳室Lactation Lounge(ラクテーションラウンジ)」の設置を進め、当社社員のみならず、地域・社会貢献活動の一つとして、近隣に勤務・居住するママと赤ちゃんの利用も可能にしています。

  • プラチナくるみん 子育てサポートしています

ワークライフバランスの推進

労働者保護に関する国内規定や、法令・労働協約等で制定された労働時間は当然遵守していますが、「19時退出(退社)ルール」「ノー残業デー(週1日)」の設定による社員の長時間労働の抑制や、2019年4月に「テレワーク」を導入するなど、ワークライフバランスを推進することにより労働生産性を高めるための施策を実施しています。
この他にも、「ライフ・デザイン休暇・休職制度」や、女性の「早期復職支援制度」、「待機児童保育費用援助制度」など、出産後の復職支援にも力を入れており、育児を語れる社員の育成を目指し、職場環境の整備に取り組んでいます。

  • 本社の授乳・さく乳室「Lactation Lounge」

子育て支援、ワークライフバランスに関連する制度の利用状況

制度名内容利用状況
ひとつきいっしょ 男性社員を対象とした、1カ月間の育児休業制度 取得率100%
(2016年1月期から対象社員100%取得)
取得者数:48名
(2016年1月期からの5年間累計)
19時退出(退社)ルール 残業しても原則19時には退出するというルール ひと月当たりの
平均残業時間9.1時間
(2019年12月期)
ノー残業デー(週1日) 毎週水曜日をノー残業デーに指定し定時退社を促進する
ライフ・デザイン休暇・休職 不妊治療や養子縁組を目的とした最大2年間の休暇・休職制度 2015年、2016年、2017年、
2019年、2020年 実績あり
テレワーク 全社員を対象に自宅やサテライトオフィスで就業ができる制度 2019年4月から運用開始
  • 男性社員の育児休業「ひとつきいっしょ」の記録

労働者保護に関する国内規定や、法令・労働協約等で制定された労働時間は当然遵守していますが、さらに「19時退出(退社)ルール」「ノー残業デー(週1日)」を設置し、従業員の長時間労働の抑制とワークライフバランスを推進することにより労働生産性を高めるための施策を実施しています。

労働における安全衛生

労働における安全衛生管理は非常に厳格に実施しています。日本はもちろんのこと、工場のある中国・タイ・インド・トルコなどにおいても一律当社労働安全基準に則った管理がなされています。また、国際的に広く採用されている労働安全衛生に対するマネジメントシステム規格「ISO45001(OHSAS18001)」に適合した体制を構築し、認証を取得しています。

「ISO 45001(OHSAS 18001)」取得企業

事業所・会社名所在地
ピジョンホームプロダクツ(株) 静岡県
ピジョンマニュファクチャリング兵庫(株) 兵庫県
PIGEON MANUFACTURING (SHANGHAI) CO., LTD. 中国
PIGEON INDUSTRIES (CHANGZHOU) CO., LTD. 中国
PIGEON INDIA PVT. LTD インド
PIGEON INDUSTRIES (THAILAND) CO., LTD. タイ
THAI PIGEON CO., LTD. タイ
LANSINOH LABORATORIES MEDICAL DEVICES DESIGN INDUSTRY AND COMMERCE LTD. CO. トルコ

※ピジョンマニュファクチャリング茨城(茨城県)およびPT PIGEON INDONESIA(インドネシア)は2020年取得予定