サステナブル開発方針

みらいにむけた、ものづくり

明日生まれる赤ちゃんの未来にも、
豊かな環境を残すことが、私たちの使命です。

10年後、20年後も、
赤ちゃんが健やかに笑顔で過ごせるように、
私たちは未来の育児環境、地球環境に
十分配慮されたものづくりを行っていきます。

未来を考え、はじめること

未来の育児環境、地球環境に十分配慮されたものづくりの
ためには、まず私たちピジョン社員一人一人が、環境への
影響を考えて行動することが大切です。

役目を果たせる製品をつくりだすこと。

哺乳びんをはじめとするベビー用品は、日々成長する赤ちゃんに使われる特別なもの。
この大切な時期に不具合なく、安心してお使いいただける品質を提供します。
それは、不要な買い替えや修理による環境負担を軽減することに繋がります。

過剰設計ではないか確かめること。

製品の耐久性を見極めると同時に、必要以上の設計にならないよう確認も徹底します。
それは限りある資源を無駄に使わないという、私たちの姿勢です。

ピジョン3R
Reduce
Replacement
Recycle

共感してもらい共に歩むこと。

さまざまな環境問題は、我々一社だけでは到底対応できない、地球規模の課題です。
従って、全てのステークホルダーとの協働が必要不可欠。強固な連携をとり、サプライチェーン全体で持続可能な未来社会の実現に向け、共に行動を起こします。

作って終わりにしないこと。

私たちの製品を必要とされるお客様は常に変わります。
だから私たちも変化し続けなければなりません。
開発した製品やサービスが、真に社会課題解決の一翼を担えているのか私たちは常に検証を行い、次なるアクションに繋げます。

役目を果たせる製品をつくりだすこと。

哺乳びんをはじめとするベビー用品は、日々成長する赤ちゃんに使われる特別なもの。
この大切な時期に不具合なく、安心してお使いいただける品質を提供します。
それは、不要な買い替えや修理による環境負担を軽減することに繋がります。

過剰設計ではないか確かめること。

製品の耐久性を見極めると同時に、必要以上の設計にならないよう確認も徹底します。
それは限りある資源を無駄に使わないという、私たちの姿勢です。

ピジョン3R
Reduce
Replacement
Recycle

共感してもらい共に歩むこと。

さまざまな環境問題は、我々一社だけでは到底対応できない、地球規模の課題です。
従って、全てのステークホルダーとの協働が必要不可欠。強固な連携をとり、サプライチェーン全体で持続可能な未来社会の実現に向け、共に行動を起こします。

作って終わりにしないこと。

私たちの製品を必要とされるお客様は常に変わります。
だから私たちも変化し続けなければなりません。
開発した製品やサービスが、真に社会課題解決の一翼を担えているのか私たちは常に検証を行い、次なるアクションに繋げます。