配当について

中期的な経営環境の変化や当社グループの事業戦略を勘案して財務基盤の充実を図りつつ、剰余金の配当などにより、積極的な利益還元を行うことを基本方針としております。また、内部留保金につきましては、財務体質の強化に止まらず、更なる成長の為の新規事業投資や研究開発投資のほか、ブランド強化、生産能力増強、コスト削減、品質向上などのための生産設備投資など、経営基盤強化と将来的なグループ収益向上のために有効に活用してまいります。

なお、株主の皆様への利益還元に関する目標としましては、2020年2月に発表いたしました「第7次中期経営計画(2020年12月期~2022年12月期)」において、各営業期における前期比増配と連結総還元性向を55%程度とすることを定めており、株主の皆様への利益還元策の一層の充実、強化を目指してまいりました。

上記の方針、目標に基づき、当事業年度における中間配当金につきましては、1株当たり37円(普通配当37円)として実施し、期末配当金につきましては、1株当たり37円(普通配当37円)を予定しております。その結果、当事業年度における年間配当金は、前期比2円増配となる1株当たり74円(普通配当74円)を予定しております。

また、次期の株主配当につきましては、「第7次中期経営計画」における株主の皆様への利益還元目標(各営業期における前期比増配、連結総還元性向55%程度)に基づき、当期に比べ2円増配となる1株当たり76円とさせていただく予定にしております。

単位(円)
 2019年
1月期
2019年
12月期
2020年
12月期
2021年
12月期
2022年
12月期(予想)
配当金(通期) 68 70 72 74  76
配当金(中間) 34 35 36 37  38
配当性向(%) 57.2 72.7 81.0 100.9 95.8
  • 2013年8月1日を効力発生日として、普通株式1株につき2株の割合で、また2015年5月1日を効力発生日として、普通株式1株につき3株の割合で株式分割を行っています。