すべての赤ちゃんのために

私たちは、赤ちゃんをいつも真に見つめ続け、この世界をもっと赤ちゃんにやさしい場所にするために存在します。事業活動を行うすべての国・地域において、赤ちゃんとお母さんを取り巻く社会課題を解決することで、赤ちゃん一人ひとりが持つ好奇心と成長する力を尊重し、多様な価値が共鳴し合う、自由で喜びにあふれた未来を創造していきます。

ちいさな産声サポートプロジェクト

早産で生まれた赤ちゃん、低体重で生まれた赤ちゃん、病気や外的疾患で治療が必要な赤ちゃんなど、専門的なケアを必要とする赤ちゃん一人ひとりの健やかな成長を支え、ご家族がより安心し幸せを実感できるように支援する活動を各国で行っています。

専門的なサポートが必要な赤ちゃん向けの商品

当社の商品は、60年を超える赤ちゃんの研究と子育て中のお客様の声に基づいて商品開発されており、例えば哺乳器・乳首は、中央研究所でのモニターやご家庭での訪問観察、病産院での超音波断層撮影(エコー)による口腔内の観察など、赤ちゃんの哺乳運動をさまざまな視点から研究することで誕生しています。「すべての赤ちゃんがよりよく哺乳できること」を追求し、病産院のNICU(新生児集中治療室)での共同研究に取り組んでおり、「低出生体重児用乳首」、「弱吸啜用乳首」、「口唇口蓋裂児用哺乳器」など、低出生体重児や障がいをもつ赤ちゃんの体への負担を最小限にしながら母乳やミルクをしっかり哺乳できる専用商品をご用意しています。また、「早期産児おしゃぶり」は治療や処置などの痛みを緩和させる1つの方法として用いられています。病産院にいる赤ちゃんを常にサポートしてきたことで蓄積されたノウハウは、一般的な商品開発にも反映され、ピジョン商品の大きな強みへとつながっています。

  • 左:弱吸啜用乳首
    中:低出生体重児用哺乳器
    右:口唇口蓋裂児用哺乳器

  • 早期産児おしゃぶり

  • 小さく生まれてきた赤ちゃんのために

赤ちゃんとそのご家族を取り巻く課題を解決するための活動

母乳バンクの普及支援

2020 年4 月より「母乳バンク」のサポートを開始し、その支援活動の1つとして、2020 年9月、日本国内2拠点目となる「日本橋 母乳バンク」のピジョン本社での開設を全面的にサポートしました。当施設より、年間約600名の小さな赤ちゃんにドナーミルクが届けられます。また、中国では、北京春苗慈善基金会「母乳バンク特別基金」プロジェクトにおいて、当社は第1号のメインパートナーとなりました。2021年初年度より、母乳バンクの新規設置、既存施設の運営を行う同基金に対し、積極的なサポートを展開していきます。

母乳バンクとは?
早産・極低出生体重児(出生体重1,500g未満の赤ちゃん)が自分の母親から母乳を得られない場合に、寄付された母乳を処理した「ドナーミルク」を提供する施設です。 母乳バンクでは、国際的な運用基準に基づき、寄付された母乳の検査や低温殺菌処理を行い、安全に保管がされています。

ピジョン早産児医療保険(中国)

2018 年11 月、PIGEON (SHANGHAI) CO., LTD.は中国平安保険会社と協力して中国初の「早産児医療保険」を設計しました。中国では、小さく生まれた赤ちゃんを救う新生児医療は進歩していますが、経済的理由から治療を断念する家族も多い現状があり、この早産児医療保険を通して早産児のご家庭における医療費の経済的負担を少しでも軽減できるよう支援しています。

後期早産児とご家族の心のケア(ピジョンにっこり授乳期研究会)

ピジョンでは、2015年3月、授乳期のママと赤ちゃんの専門家とともに、授乳期の課題を見つけ、ソリューションを提供する「ピジョンにっこり授乳期研究会」を発足。
2018年からはNICU(新生児集中治療室)・GCU(新生児治療回復室)に入院した後期早産児(妊娠34週~ 36週で生まれた赤ちゃん)を出産した母親が心の中に抱える想いを明らかにする研究に取り組み、学会等において発表を行っています。
また、その研究過程にて、母親への心のサポートの必要性が明らかになり、支援策の一つとして、本研究会の専門家とともにご家族へ向けたサポートブック(NICU・GCUに入院した後期早産児とそのご家族向け冊子)を作成、無償で提供しています。

  • 第 59 回日本母性衛生学会総会・学術集会学術発表(口演)の様子

  • NICU・GCUに入院した後期早産児とそのご家族向け冊子「ちょっと早く生まれた赤ちゃんのサポートBOOK」

授乳期の研究活動(ピジョンにっこり授乳期研究会)

「より多くの赤ちゃんが健康に育ち、より多くのママ・パパが子育てに幸せを実感できることを大切にする社会を目指す」ことを理念とし、授乳期のママと赤ちゃんの専門家とともに、授乳期の課題を見つけ、ソリューションを提供する「ピジョンにっこり授乳期研究会」を、2015 年3月に発足しました。ママ向けに、授乳に関する情報を包括的にまとめた「しあわせ授乳サポートBOOK」を2016年に制作し、2020年12月時点で累計62万部を無償提供しています。

妊娠中~授乳期のママ・パパ向け冊子「しあわせ授乳サポートBOOK

授乳・さく乳室の設置支援

ピジョンでは、誰もが安心して母乳育児を続けられる環境整備や出産後の女性の復職支援を目的として、世界各国で一般企業内などさまざまな場所で設置・支援しています。その数は、世界21カ国で9,465カ所(2020年12月末現在)に上っています。

ー本社
住所: 〒103-8480 東京都中央区日本橋久松町4-4
TEL: 03-3661-4200
利用可能時間:9:00-17:00

ー中央研究所
〒300-2495 茨城県つくばみらい市絹の台6-20-4
TEL: 0297-52-6531
利用可能時間:9:00-17:00