各事業紹介

日本事業

  • ベビー、ママ関連用品
  • 保育サービス
  • 事業所内保育運営受託
  • 託児
  • イベント保育サービス
  • 幼児教育サービス
  • 介護用品
  • 老化予防用品
  • 介護支援サービス

事業分野

  • ベビーケア事業
  • 子育て支援事業
  • ヘルスケア・介護

事業環境/当社の強み

半世紀以上にわたる哺乳研究や乳幼児発達研究をもとに、赤ちゃんの成長過程を深く掘り下げ、育児の“お困りごと”を見出すことから開発した多数の高品質な商品を生み出してきたところに、ピジョンブランドの優位性があり、業界でのリーディングカンパニーとして広く認知されています。その信頼を活かし、子育て支援やヘルスケア・介護においても競争優位性のある新商品投入や品質向上などの施策を徹底しています。

中国事業

  • ベビー、ママ関連用品

展開エリア

中国、韓国、フィリピン、ロシア 他

事業環境/当社の強み

2018年の日本の女性の労働力人口は3,014万人と前年から77万人増加し、就業率も全年齢ベースで51.3%と、50年ぶりに5割を超えました(厚生労働省「2018年版働く女性の実状」)。育児と仕事の両立は、もはや女性だけで解決を図る課題ではなく、そのような中での当社への期待も大きくなっています。

育児用品で培った「安全・安心・信頼」のピジョンブランドのもと、「子どもの育ちを第一に」との考えに沿って本事業を推進し、皆様から信頼を得ています。「赤ちゃんのことを一番知っている」ピジョングループならではの保育・サービス内容で、常に質的向上を図りながら事業を展開しています。

年間出生数が1,300万~1,500万人といわれる巨大市場の中で、ピジョンは2002年の本格進出以来、商圏を沿海部から内陸部まで含めた中国全土へと拡大してきました。中国全体の可処分所得の増加や、商品の安全性に対する消費者の関心の高まりを背景に、いわゆる「新富裕層」と呼ばれる世帯を主要ターゲットに、主力の哺乳器・乳首、トイレタリー、高級スキンケア商品を中心に500品目以上の商品を市場に展開し、新しいライフスタイルの提案を通じて、ピジョンは安心・安全・高品質のブランドとして広く認知されています。高品質で安定した価格による対面での販売に加え、新しいファミリーを形成する世代が1980年代、1990年代生まれの若者へと移る中でEコマースでの事業展開にも力を入れることで、さらなる事業拡大を進めています。

シンガポール事業

  • ベビー、ママ関連用品

展開エリア

シンガポール、インド、インドネシア、他のASEAN諸国、中近東諸国、オセアニア 他

事業環境/当社の強み

毎年1億3,500万人の新生児が誕生するグローバル市場での潜在需要は非常に大きく、なかでも年間出生数が約2,600万人のインド、約500万人のインドネシアは、ピジョンの重点市場と位置づけて、事業の拡大を図っています。インドにおいては、2015年から現地工場で哺乳器・乳首の生産を開始し、日本などへの輸出も行っているほか、2017年にはインドネシアの関連会社を子会社化し、さらなる事業拡大を図っています。また長期的視野からアフリカ等の新規市場への進出準備に着手しています。

ランシノ事業

  • 母乳・授乳関連用品

展開エリア

北米:アメリカ、カナダ 他
欧州:イギリス、ドイツ、ベルギー 他
その他:中国(ランシノ上海)、トルコ、中南米 他

事業環境/当社の強み

2004年にグループ傘下に入ったLANSINOHLABORATORIES, INC.のランシノブランドは、主力の乳首ケアクリームや母乳パッド、さく乳器や母乳保存バッグ等の母乳関連商品ブランドとして高い認知度があり、北米ならびに欧州に加え、2016年からは新たに設立したランシノ上海を通じて中国市場にも参入するなど、世界的に事業を拡大しています。世界的に母乳育児が推進され母乳関連商品の需要が高まる中で、高品質の商品を提供しているランシノブランドは強い支持を得ており、今後さらに商品カテゴリの拡充を進めながら、事業拡大を図っていきます。