Celebrate Babies in Action Celebrate Babies in Action

赤ちゃん一人ひとりの輝きを育むための取り組み

ピジョン風疹ゼロアクション

風疹とは、風疹ウイルスによって引き起こされる急性の発疹性感染症です。強い感染力を有し、飛沫感染でヒトからヒトへ感染が伝播します。風疹に対する免疫が不十分な妊娠20週頃までの妊婦が風疹ウイルスに感染すると、先天性心疾患、白内障、難聴などの先天性風疹症候群の子どもが生まれてくる可能性が高くなります。
その風疹の予防には予防接種が最も有効といえますが、日本では、生まれた年や性別により予防接種を受けた回数が異なり、1回も接種していない世代の方もいます。特に成人男性は風疹ウイルスに対する免疫力が低い人が多いことから、近年の流行の中心は成人、特に男性となっています。
また、女性が妊娠後に抗体価が低いと分かった場合、妊婦は予防接種を受けられないため、妊婦の周囲の方が抗体を持つことが求められます。
*出典:厚生労働省HP

当社では、健康経営の一貫として、従業員とそのご家族の健康のため様々な取り組みを行っています。
この世界をもっと赤ちゃんにやさしい場所にするために、先天性風疹症候群の赤ちゃんの数を減らす支援活動として「ピジョン風疹ゼロアクション」を2019年に立ち上げました。初年度は、社員の風疹の抗体保有率を上げるための取り組みとして、以下活動を行いました。

【2019年の活動】
・抗体検査ならびにワクチン接種の費用負担
・風疹の理解を深めるための社内講演会
・日本で再び風疹が流行しないよう活動をされている「風疹をなくそうの会」への募金活動および寄付

2020年2月4日の"風疹の日"には、当社の活動が評価され、日本産婦人科医会が推進している「風疹ゼロプロジェクト実行委員会」より表彰いただきました。
社員の風疹の抗体保有率を上げるため「ピジョン風疹ゼロアクション」は、引き続き取り組みを続けていきます。

関連SDGs

  • すべての人に健康と福祉を
  • パートナーシップで目標を達成しよう

関連リンク