Celebrate Babies in Action Celebrate Babies in Action

赤ちゃん一人ひとりの輝きを育むための取り組み

専門的なケアを必要とする赤ちゃんのために

予定日より早く生まれた赤ちゃん、小さく生まれた赤ちゃん、病気の治療が必要な赤ちゃん。ピジョンは、専門的なケアを必要とする赤ちゃん一人ひとりの健やかな成長を支援し、ご家族がより安心し、より幸せを実感できるように支援する「ちいさな産声サポートプロジェクト」を行っています。

弱吸啜じゃくきゅうてつ用哺乳器

世界では、毎年約2,000万人以上の赤ちゃんが2,500g未満の低体重で産まれています。*低出生体重の赤ちゃんは飲む力が弱く、栄養摂取が困難なことがあります。ピジョンは、そんな赤ちゃんの体に負担をかけず、吸う力が弱くても哺乳ができるよう「弱吸啜用哺乳器」を開発し、1985年より世界中の赤ちゃんに提供しています。
*出典:公益財団法人 日本ユニセフ協会HP

  • 弱吸啜用哺乳器

  • 乳首

    • Point 1やわらかく適度な厚みのシリコーンゴム

      シリコーンゴムを使用し、乳首先端は適度な厚みと硬度でやわらかく、弱い力でもつぶしやすい。

    • Point 2小さなおくちに合わせた形

      乳首の形状は、ピジョンの一般向け乳首に比べ、スリム。 小さいおくちにもフィット。

    • Point 3キャップ不要の直付けタイプ

      ボトルヘの着脱がしやすく、病院での洗浄・滅菌・消毒がしやすい直付けタイプ。

    ボトル

    • Point 4病産院限定の小容量ボトル

      まだ母乳やミルクを飲む量が少ない赤ちゃんのための50mlボトルも提供。

      ※母乳実感直付け乳首を付けることもできます。

早期産児おしゃぶり「Preemie Careプリーミーケア

早産や低出生体重の赤ちゃんの治療における痛みを緩和する1つの方法として、NICU(新生児集中治療室)では処置中におしゃぶりを与えるケアが行われています。しかし、吸着・吸啜に必要な筋力が弱い早産や低出生体重の赤ちゃんは、おしゃぶりを保持するのが困難です。ピジョンは、そんな赤ちゃんでもより負担なく吸い続けられるよう、独自の工夫を随所に盛り込んだ早期産児おしゃぶり「Preemie Care」を 開発しました。

  • 早期産児おしゃぶり「Preemie Care」

    • Point 1約5gの軽さ ※Sサイズ

      おくちまわりの筋力が弱い早産や低出生体重の赤ちゃんが、おしゃぶりを吸い続けられるように、約Sgと軽量(100円玉硬貨1枚ほどの重さ)。

    • Point 2小さなおくちに合った吸い口

      吸い口は、根本を楕円形にすることでおくちが閉じやすい。(小さなおくちでもくわえやすいサイズ)

    • Point 3左右非対称の形

      左右非対称のデザインだから、横向きの体位でも 、 床面におしゃぶりが当たりづらくおくちからはずれにくい。

      • 早期産児おしゃぶり(左右非対称)

        早期産児おしゃぶり
        (左右非対称)

      • 一般的なおしゃぶり(左右対称)

        一般的なおしゃぶり
        (左右対称)

関連SDGs

  • すべての人に健康と福祉を

関連リンク