森のゴミ拾い活動(ドイツ)

  • 15: 陸の豊かさも守ろう
  • 17: パートナーシップで目標を達成しよう

2022.05.24

LANSINOHでは、すべての赤ちゃんとそのご家族、そして地球の豊かな未来のための取組みを行っています。
2021年11月、LANSINOH GERMANYでは、森をきれいにするための第1歩として、森のごみ拾い活動を実施しました。
この活動は、私たちの協力パートナーであるドイツ森林保護協会(the German Forest Protection Association)とともに企画し、ブランデンブルク州シュルツェンドルフ(ベルリン近郊)の森で行いました。ガラス、家電製品、屋根材、ポリスチレン、大量のプラスチックなど、さまざまな廃棄物が不法投棄されており、手袋とゴミ袋を用意し、トレーラー1台分ものゴミを森から撤去しました。

使い捨てのコーヒーカップ は約50年、アルミ缶は約500年、ポリスチレンは約6,000年かけて森林地帯で分解されると言われています。

2021年から2030年までの10年間は「国連生態系回復の10年」と位置付けられています。
私たちは豊かな未来に向けた活動を実施することで、この取組みを支援しています。