News

「FTSE Blossom Japan Sector Relative Index」の構成銘柄に選定されました

2022.07.04

ピジョン株式会社(本社:東京、代表取締役社長:北澤憲政)は、「FTSE Blossom Japan Sector Relative Index」の構成銘柄に選定されました。

代表的なESG評価機関の1つであるFTSE Russellが構成する「FTSE Blossom Japan Sector Relative Index」は、各セクターにおいて、環境、社会、ガバナンス(ESG)の対応に優れた日本企業のパフオーマンスを反映するインデックスで、セクター・ニュートラル*¹となるよう設計されています。また低炭素経済への移行を促進するため、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)と連携し、企業の気候変動に関するガバナンスや取組み内容を評価して構成銘柄を選定しています。また、世界最大の年金基金である年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が採用するESG指数の一つとなっており、本インデックスに基づくパッシブ運用が開始されています。

ピジョンは、これからも、事業活動を行うすべての国・地域において、環境負荷を減らし、赤ちゃんとお母さんを取り巻く社会課題の解決をすることで、企業として持続的な成長を目指します。


*¹セクター・ニュートラル:業種の偏りを最小化するため、親インデックスであるFTSE Japan All Cap Indexの業種比率を考慮し構成銘柄を選定。

■ピジョンのサステナビリティについて

 URL:https://www.pigeon.co.jp/sustainability/

■FTSE Blossom Japan Sector Relative Indexについて

 URL:https://www.ftserussell.com/products/indices/blossom-japan

FTSE Russell (FTSE International Limited と Frank Russell Companyの登録商標)はここにピジョン株式会社が第三者調査の結果、FTSE Blossom Japan Sector Relative Index組み入れの要件を満たし、本インデックスの構成銘柄となったことを証します。FTSE Blossom Japan Sector Relative Indexはサステナブル投資のファンドや他の金融商品の作成・評価に広く利用されます。

  • ホーム
  • News
  • 「FTSE Blossom Japan Sector Relative Index」の構成銘柄に選定されました