Pigeon ESG/SDGs基本方針

ピジョン(以下、当社)の「経営理念」、「社是」、「存在意義」と共に、業務遂行上、社員一人ひとりが大切にする3つの「基本となる価値観」、私たちの行動のベースであり、ガイドとすべき5つの「行動原則」、そして、中長期的に到達したい姿である「ビジョン」を当社では「Pigeon Way」として設定しており、「Pigeon Way」を体現し、持続可能な社会の発展に貢献する方針を「Pigeon ESG/SDGs基本方針(以下、当方針)」と設定する。

当社では、環境(E)や社会(S)、ガバナンス(G)の観点から持続可能なオペレーションを追求するとともに、製品やサービスの提供による新たな価値の創造により、SDGsに代表される社会課題の解決に貢献すべく事業活動を展開していく。今後、当社の事業活動を通してステークホルダーの皆さまとの信頼関係の構築に努め、総じて企業価値を向上させることで、持続可能な社会の発展に貢献していくことを企図する。

Pigeon ESG/SDGs基本方針に基づく持続可能な社会の実現ストーリー

  • Pigeon ESG/SDGs基本方針に基づく持続可能な社会の実現ストーリーの図

理念体系上の位置づけ

当方針は理念体系上、「Pigeon Way」の下部構造に位置づけられる。当方針と対になる方針は、中期経営計画における「事業方針」であり、財務的な要素を規定するものである一方、当方針は非財務的な要素(ESGや社会課題(SDGs)への貢献)を規定するものである。

当方針の理念体系上の位置づけ

  • 当方針の理念体系上の位置づけの図

目指す姿

当社は「Pigeon Way」のビジョンにある通り、「世界中の赤ちゃんとご家族に最も信頼される育児用品メーカー “Global Number One”」 を目指す。

  • Pigeon Wayとは、私たちの“心”と“行動”の拠り所であり、すべての活動の基本となる考え方です。

マテリアリティ(重要課題)

当社が解決しなければならないマテリアリティ(重要課題)を以下の6つと設定する。

  • 1. 事業競争力・開発力向上 2. 持続的な環境負荷軽減 3. ステークホルダー対応力向上 4. 人材の「質」の向上 5. 働きやすい環境づくり 6. 強固な経営基盤の構築

中期目標とSDGs

先に示したマテリアリティごとの中期目標と関連するSDGsは以下の通り。当社はマテリアリティを解決していくことで社会課題(SDGs)解決への貢献を目指す。

  • 中期目標とSDGsの図