Japan

serach

ピジョン赤ちゃん誕生記念植樹式レポート(2009年 第23回)

2009年5月16日(曇り時々晴れ)

23回目の赤ちゃん誕生記念植樹式は、空模様が心配される中、幕を開けました。始まってみると、晴れ間ものぞき、すがすがしい森の空気を吸い込みながら、みんな笑顔で植樹ができました。式典では、同じ常陸大宮市に「オカリーナの森」を構えるオカリナ奏者の宗次郎さんによる演奏も。森の中で聴くオカリナの音色は格別に素晴らしく、ピジョンの森に響き渡っていました。最後まで雨に降られることなくすべての記念植樹を終えることができ、その直後に雨が落ちてきたのは、山の天気の気まぐれでしょうか、それとも、みんなの気持ちが通じたのでしょうか。

記念育樹の様子

9:30
大越社長による挨拶。「こぢんまりと始めた育樹活動が、たくさんの方の協力を得て、こんなに大きくなったことに感謝します。この先50年、100年と続けたいと思います」
宗次郎さんによるオカリナの演奏にしばし聴き入りました。
常陸大宮市の三次市長から、植樹者代表の吉田さんファミリーに記念品の贈呈。
真尋(まひろ)ちゃんが生まれたあと、父親としての自分の無力さを痛感し、落ち込んだ時期があったというお父さん。「妻と娘に育てられています。肩肘張らずがんばります!」と笑顔。
もう一組の植樹者代表、大賀さんファミリー。お子さんの誕生を記念して木を植えることで、ピジョンの森が家族の絆を深められる場所になったとお話しくださいました。
10:30
今年の植樹地はここです。このあと、たくさんの参加者が木を植えていきます。
活動を支える美和木材協同組合の皆さん。植樹地の整備から、植樹の仕方のアドバイスまで、頼もしい縁の下の力持ちです。
グループに分かれて順に植えていきます。皆さん赤ちゃんを連れていますが、なぜか泣いている子はいませんでした!
家族みんなで末っ子のお子さんのために木を植える鈴木さんファミリー。お兄ちゃん、張り切りました!
木の赤ちゃんも、可愛らしいですね。将来はどんぐりの実をつけます。

すくすくハウス

11:30~
やまぶき鉄砲(やまぶきの茎と芯を使った手づくりの空気鉄砲)に挑戦。うまく的に当たるかな。
こちらも手づくりの竹製の水鉄砲。びっくりするほどよく飛びます!
美和は良質な原木しいたけの生産地として有名。しいたけの種駒打ちの体験は、ほかではなかなかできません。
12:30~
美和しいたけ組合の皆さんが器用に竹とんぼを作ってくれました。「昔は何でもこうして手づくりしたんだよ。今はすぐに買って来ちゃうでしょ」・・・うーん、考えさせられます。
森から贈る最初の手紙コーナー。あんよでスタンプに笑顔の赤ちゃん。「ひんやりしてきもち~」!?
一馬ちゃんのお母さんは、子どもが生まれた記念に木を植えるのが夢だったそう。木製はがきは両方のお祖父ちゃん、お祖母ちゃんに。
13:30~
日本野鳥の会さんによる紙芝居。ピジョンの森にもいろんな鳥が住んでいるんですよ。
小川の前で三世代おそろいで記念写真。お正月に生まれた実鈴(みすず)ちゃんの笑顔を見たいから、「毎日早く家に帰りたい」とお父さん。
もうじきホタルが舞う小川には、カエルを狙って鷺もやって来たみたいです。足跡がくっきり。森はいろんな生き物を育んでいます。
植樹地から見下ろす「すくすくハウス」はこんな感じ。また遊びに来てね。

スナップ集

こちらのご家族は地元からのご参加。先日1歳になった凛翔(りひと)ちゃんは、いつもご機嫌でいい子。「でも、好奇心が旺盛すぎて、見るもの何でも食べちゃうんです!」と、お母さん。
柚夏(ゆずか)ちゃんの誕生を記念して木を植えました。お母さんが生まれたとき、お祖母ちゃんが桜の木を植えてくれたそうです。「自分も同じことがしたくて」と、お母さん。
おねんね中の蒼介(そうすけ)ちゃん。お父さんは地元、美和木材協同組合にお勤めで、例年なら今日もヘルメットを被ってここにいたそう!お父さんは、職場もお住まいも「山の中」なんだそうです。
可愛いリボンをつけたそらちゃん。お父さんはずっと以前から、将来女の子が生まれたら“そら”と名づけると決めていたそうです。ちなみに、男の子だったら“りく”だそうです。
栃木県からご参加のこちらのご家族。妹の小春ちゃんは気が強く、4歳のお姉ちゃん、夢奈(ゆめな)ちゃんのときと「同じ赤ちゃんでもぜんぜん違う!」そうです。
陽太(ようた)ちゃんは双子のお兄ちゃんの弟として生まれてきました。3人の男の子の子育ては「すさまじく大変!だけど、大変なのは当たり前。楽しいと思わないと損!」と、お母さんも元気いっぱいでした。
地元からご参加のファミリー。「去年は従兄弟、その前も知り合いがここで植樹しています。今度は自分たちの番です!」と聖梛(せな)ちゃんの分の木を植えました。
3世代おそろいの笑顔は、茨城県からご参加の美優(みゆ)ちゃんファミリー。お祖父ちゃん、お祖母ちゃんのいる常陸大宮市には、美優ちゃんを連れてよく遊びに来ているそうです。
「サイトを見て、とてもいいイベントと思い、是非私たちも!と応募しました」と話してくれたのは、東京の環希(たまき)ちゃんファミリー。すくすくハウスで環希ちゃんと、はい、チーズ!

育樹地の様子

実施日 2009年5月実施
樹齢 10年
詳細 2008年1月~2009年2月生まれの赤ちゃん
約5,000名分を植樹
2009年5月撮影
2011年11月撮影
2012年4月撮影
2014年8月撮影
2015年7月撮影